MENU

低容積ピルとノルレボ

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

避妊の手段には様々なものがありますが、緊急に避妊狙う場合に利用されるのは対応ピルだ。

 

ノルレボはそういう対応ピルの一種になりますが、普段の避妊薬として利用される低用量ピルも対応ピル代わりになります。

 

ともお母さん科や産婦人科で処方される薬だ。低用量ピルはほぼ絶対避妊見込める避妊薬だとされています。

 

日毎呑むことによって卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えて排卵を抑制し、子宮精神膜を刷新させて着フロアさせないようにし、子宮頚管の粘液を刷新させて精子を子宮に入りにくくやる効果があります。

 

低用量ピルの3因縁スタイルの黄色い錠剤を4錠、12瞬間後に4錠飲み込むことによって対応ピル代わりになるとされています。

 

ノルレボは夫人ホルモンの黄体ホルモンによる薬で、排卵を抑制する結果受精を防ぎ、子宮精神膜の増大を増やして受精した場合も着床しづらくやる働きがあります。

 

基本的な機能は一緒ですが、ノルレボをはじめとした対応ピルは短時間で避妊効果を押し出すために夫人ホルモンの量が多く配合されている結果おめでた御法度パーセントは異なってきます。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

短く飲めば飲むほど避妊の成功率が上がる結果なるたけ速く飲み込むことをおすすめします。

 

ノルレボはたいして副作用が少ないとされていますが、一時的に吐き気や頭痛、立暗みなどの身なりが起こることも多いとされています。

 

また、ずれとしてあげられのが値段だ。

 

低用量ピルは日毎飲み込む結果効果を発揮しますが、1記録月々当たり3000円周囲になります。

 

ノルレボは保険が適用されていないため病舎にて値段は違ってきます。15000?20000円程度の値段がかかります。

 

ノルレボはあくまでも応急の避妊手段だ。一時的にですがホルモン割合を変化させる結果身体への面倒も大きくなります。

 

望まないおめでたをしないためにも低用量ピルを普段から使って避妊を通じて出向くことが、身体には面倒の少ない手段といえます。

 

ノルレボ最前へ

このページの先頭へ