MENU

ノルレボの副作用

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

緊急避妊薬のノルレボは通常の避妊薬から激しい作用がある結果、瞬間と容積は守った上で取り入れをしなければなりません。

 

仮に、守らずに服用すると、副作用が発現する危惧がたかくなります。

 

ノルレボ取り入れときの副作用のうち、何より起こりやすいのは不公平出血、消退出血液、頭痛、悪心、傾眠、疲弊の6つの恰好で、取り入れによるホルモン割合の調整が主な原因です。

 

この他にも、下腹部痛や浮動性目眩、ミルク圧痛、生理の後れもしくは過剰などが起きる可能性があり、取り入れ容積が多すぎるって悪心だけでなく嘔吐の恰好も生じることがあります。

 

通常のピルは3ウィーク程度は連続で服用しなければならず、その間はどんどん副作用の危険を伴いますが、ノルレボの取り入れの実例は性交後の1回だけなので、何とか副作用の恰好が出たとしても、多少経てば体は治癒してきます。

 

仮に、体が小さいスピードが貫くのであれば、医者でドクターに話ください。

 

ノルレボは副作用だけでなく、服用してはいけない方もいるので注意が必要です。

 

ノルレボ,ノルレボ錠,通販,効果,副作用,緊急避妊薬,値段

 

他の多くの医薬品と同じように、過去に取り入れ中に敏感性の恰好がでたことがある方は取り入れできない以外、ノルレボの場合は酷い肝システム課題を持っている方という、妊娠している方は服用してはいけないことになってある。

 

ノルレボを服用すると肝臓の恐れが増大しますが、入れ替わりシステムが低下しているカギシステム課題の方にとってはこれが恰好の異常を招き、肝硬変や肝がんの発症の可能性を高めます。

 

また、妊娠内の方が服用すると、女子胎児のペニスの紳士化や、紳士胎児のペニスの女子化が起きる可能性があるので、絶対に服用しないようにしましょう。

 

一方、ノルレボはお産をした後から再び取り入れできるようになりますが、主成分ですレボノルゲストレルが乳汁に入り交じり込むことがあり、子どもがその状態でおっぱいを飲むと体に異常が起きるおそれがあるので、取り入れ引き返し終日以内は授乳を遠ざけ、必ず授乳をしたい場合は人工バストを達するようにしましょう。

 

ノルレボHOMEへ

このページの先頭へ